IT・Web業界に転職する際に有利なスキル

008

IT業界やWEB業界に転職するときに有利なスキルには多くのものがあります。特に資格などに代表されるようなスキルは最も重要と言えるかもしれません。業界で必要と考えられている資格は一つだけではありません。多くの資格の中から一つの方向を定め、さらにその延長上にある上位の資格を取得していけばその後のことを考えても有利になることは間違いないでしょう。

しかし、ほかの業界からなどの未経験での転職の時にはこのような技術的な資格に必要以上に目が行きがちです。確かに資格は転職にも、業界内でのスキルアップにも効果的であることには間違いありませんが、必要以上に技術系の資格に執着してしまうと、大きな壁に人生を阻まれてしまうこともあるでしょう。大切なのは資格への必要以上の拘りではなく、バランスの取れたスキル取得が必要であることは間違いありません。

では、バランスの取れたスキルとはどのようなものを指すのでしょうか?資格に絞って考えてみても、その方向性は技術的な一つの方向には限られません。仮にIT系の技術的な資格や知識がなかったとしても組織として必要な資格や知識を身に付けることができていれば、そのスキルは充分にIT系やWEB系の企業にとっては有利なスキルとなることは間違いないのです。

特にWEB業界でのスキルとして必要なものの一つに、ヒューマンスキルやソフトスキルと呼ばれる人としてのコミュニケーション能力などのスキルです。このようなスキルは資格などで測れるものではない場合がほとんどです。確かに資格などで表すことができない分、転職の際にも即座に就職先が決まるということはないかもしれません。しかし、長い目で見た場合により質の高い就業先が決まる可能性は非常に高いと言えるのです。

もし、資格の取得を前提に考えるのであれば、難易度の高いスキルの取得を目指すのもよいでしょう。しかし、例えそれほど難易度が高い資格でなくても、幅広い分野で資格を取得しているのであれば、それは充分に魅力的なスキルを持っていると言えます。IT系のスキルに限らずとも魅力的な資格を取得することは可能です。どこの企業にも必要な会計や総務に関連した知識や資格を取得すれば、IT系の企業に就業することは可能でしょう。IT系の企業で何よりも必要なのは常に新しいものを身に付けて行く前向きなソフトスキルなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る