20代後半のIT未経験者が転職する方法

010

20代後半のIT未経験者が転職する方法として最も効率が良いのは、まずは自分が希望する社風の企業に潜り込むということでしょう。このことは意外に知られていません。

日本の社会の傾向として、一つの企業で長い間働くことを良しとする風潮がありますが、特に変化の早いIT系の業界に未経験で転職を望むのであれば、まずはこの先どのようなとところで働きたいかを軸に会社を探すことが重要でしょう。

良くありがちな間違いは、自分のやりたいことを中心に仕事を選ぶという転職方法です。

20代後半で未経験ともなると、漠然とIT系の仕事に就きたいと思っていることはあっても、具体的に細かくこの先進みたい方向が見えているわけではないでしょう。

もちろん、もう既にどのような方向に進むかが決まっているのであれば、自分のやりたいことを中心に仕事を選ぶ方法も悪くはありませんが、この先新しいことを知って方向転換することも視野に入れ、まずは快適に働ける自分に合った企業を探すことが最も重要なのです。

そして、そのような企業を見つけたら、仮に業務内容が自分の望む業種でなくても入り込むことが重要です。そしてしばらくはIT業界の中の仕組みをしっかりと把握していきましょう。

色々なものを見て知識を養い、そしてその経験や知識の中でまずは自分がどのような仕事をしたいのかを把握することから始めるのです。特にIT系の中でもWEB業界の営業などになると、20代後半でも多くの仕事が見つかるはずです。

自分の将来やりたい仕事を見つけたら、次はその仕事に就くために、どのような知識がどのようなレベルで必要なのかを調べましょう。そして必要なレベルを満たすために知識を増やしていくのです。分らないことがあれば周囲に聞くこともできる環境を整えていることが、何よりも大切なことになります。

最終的に自分のやりたいことが決まった時に、社内の移動などが可能であれば、そこから希望する職種への移動を希望します。

もちろん、必ず希望が叶うわけではありませんが、希望がかなわなければその時に再び転職すればよいのです。もちろん業務未経験であることには変わりはありませんが、業界に関する知識があり、努力して知識を吸収していく姿勢が見られるのであれば、例え30歳を超えてからの転職だとしても採用してくれる企業はたくさんあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る